症例

mv

症例

精密根管治療

      

case.1

Before
after

インレーの除去

治療前と詰め物を外した時の写真です。
初診時では特に大きな症状もなく
一見特に問題なさそうな歯に見えますが、
中では虫歯が広がっていて神経まで
達していました。

ラバーダムの装着

虫歯をさらに取っていくと神経が見えてきたため、
ラバーダムという器具を掛けて外から唾液が
入らないようにしました。
この作業が非常に大切で、外から唾液が入ると
神経治療は失敗してしまいます。
非常に気を使う作業です。

隔壁形成

ラバーダムで唾液が入らないように防湿しながら
隔壁という壁を作ります。
この時歯に虫歯が残っていると壁を上手く作れないので必ず虫歯を取り切ってから壁を作ります。

そして顕微鏡を覗きながら慎重に神経を
取っていきます。
歯根の先まで神経の取り残しが無いように
きれいにしていきます。

根管充填

神経内部がきれいになったら神経内部の空洞に根充材を詰めて神経治療を終わります。
写真を見ると歯根の先まできれいに根充材がつめてあり、空洞が満たされていることがわかります。

この根充材は従来の根充材よりも密閉性が高く、根尖に感染が起こりにくいものになります。

根管治療の副作用として根管治療中および根管治療後しばらく違和感や痛みが残る場合があります。
ですが、ラバーダムを使い無菌的な処置をすることで違和感や痛みを出す可能性を低くすることができます。

この患者様も違和感や痛みを訴えることなく根管治療が出来ました。

 

case.2

Before
after

治療前

右上の前から2番目の歯に違和感があり
来院されました。
見たところ特に問題なさそうですが、
レントゲン写真を撮ってみると…

写真では歯の中が黒くなっており、
根っこの先っぽに黒い丸があります。
これは歯の中が虫歯になっていて根っこの先っぽには菌が繁殖して感染が起こっている事を
表しています。

虫歯を取る前の歯の写真です。
舌側は樹脂の詰め物で覆われています。

虫歯の除去

虫歯を取っていくと頬側まで貫通するような大きな虫歯がありました。
取りきった時には歯茎の下にまで及ぶように大きな空洞が出来ていました。

隔壁形成

歯の壁がないと根管治療をする際に
唾液が入ってしまい、
上手くいかなくなってしまうので
歯茎からの出血を止めて事前に壁を作りました。

ラバーダムの装着

根管治療をする際には必ずラバーダムという防御膜を歯の周囲に掛ける必要があります。
ラバーダムをすることにより
唾液が歯の中に入るのを防ぎ、
無菌状態で根管治療をすることができます。

根管充填

根管内の汚染物質が取り除けたら根充材を根管内に充填します。
根尖付近には透過像がありますが、
無症状かつ根管内がきれいであれば根管充填をして経過を追っていきます。

被せ物の装着

   

右上の歯に被せ物を被せた状態です。
右上の歯の違和感は消え、
見た目も満足していただけました。

 

case.3

Before
After

今回の患者様は左上の奥歯の違和感を主訴に来院されました。
レントゲンを撮ってみると…

一見問題なさそうに見えますが、
被せ物を取ってみると…

虫歯があり、虫歯は神経まで行っていました。
根管治療をした後のレントゲンがこちらです。

実は近心根(3本あるうちの一番左側の根っこ)の入口が2つありました。
レントゲン写真を拡大してみると、

この様に、上の大臼歯には第4根管という根管がある場合があります。
この根管は肉眼で発見するのは難しく、顕微鏡で探さないと見つからないことがよくあります。
今回の患者さんは根管治療をすることで違和感も消えて快適にお食事ができているそうです。
これからも貢献できるよう頑張りたいと思います。

case.4

Before
After

今回の患者様は左下の被せ物が取れたとのことで来院されました。

痛みはありませんが、歯は黒くなっていて虫歯が拡がっています。レントゲンを撮ってみると、

中はこの様な具合になっていました。

白い部分はずっと昔に治療された防腐剤ですが、根っこの先っぽまで届いていません。また、根っこの先っぽには透過像がありインプラントに近接していました。

虫歯を取っていくとこの様になりました。
歯はかなり少ないものの、まだ使用に耐えうると判断しました。

隔壁を作り、根管治療の準備をします。これでラバーダムを掛けることで唾液の侵入を防ぐことができます。

根管治療が終わった後のレントゲン写真です。根尖まで防腐剤が緊密に充填されていて、透過像も無くなっています。比較してみると、

この様に透過像が無くなり防腐剤も適切な位置に詰められていることがわかります。